【チリ、アタカマ観光】アタカマ砂漠で出会える野生動物を紹介してみた

スポンサーリンク
チリ
スポンサーリンク

皆さん、がっしぎです。

アタカマ砂漠といえば世界一星空がキレイな場所として有名ですよね。

そんなアタカマ砂漠ですが実は色々な野生動物を間近でみることができるんです。

今回はアタカマ砂漠で出会えるかもしれない野生動物を紹介したいと思います。

また、出会える可能性のある場所も合わせて書いていきますね。

私が行ったときに写真を撮ることが出来た動物は写真も一緒に載せています。

1:哺乳類

・Zorro Culpeo (キツネ)

ちっちゃくてごめんなさい。

アタカマに生息するキツネは大体標高3400mm までの山にいます。

朝方は餌を探して出てくるので朝に出会う確率が高いです。

・ Llama (リャマ)

標高2300~4000mmまでに生息しています。

・Vicuña (ビクーニャ)

間近で見れました。

おそらく、一番出会う可能性の高い動物です。

標高3000~5000mmまでに生息しています。

車で走っているとよく見かけるので探して見て下さい。

・ Viz Cacha (ウサギ)

よく目を凝らしてください。

標高2000~5000mmまで生息しています。

岩肌に隠れているので、岩場を見つけたらよく見てみて下さい。

・Gato Andino (ヤマネコ)

標高2300~3400mmに生息しています。

とても見たかったのですが見つからなかったで す。

ぜひ探して見てください。

・Puma (ピューマ)

標高2300~3400mmに生息しています。

こちらもとても見たかったのですが、個体数が少ないらしく見つけることができませんでした。

2:鳥類

・Suri (スリ)

ダチョウのような鳥です。

標高2700~ 3400mmに生息しています。

スリは見つけたのですが写真を撮れませんでした。

比較的見つけやすいと思います。

・Flamenco Chileno (フラミンゴ)

フラミンゴはアタカマ砂漠で最も有名な動物だと思います。

標高3400mmまでに生息し、よく湖にいるプランクトンを食べに来ています。

私が行ったときには奇跡的にみることができませんでした笑笑

他にもコンドル、ワシ、フクロウも見ることができます。

いかがだったでしょうか。

アタカマ砂漠に観光に来たときにはぜひ野生動物も探してみてください。

がっしぎでした。

コメント