【個人ブログ】ボリビアの歴史的ストライキから本質を学ぶ

スポンサーリンク
ボリビア
スポンサーリンク

私がボリビアに来てから

ボリビア史上初めての出来事がありました。

それは21日間のゼネラルストライキです。

ここまで長い間行われたのは初めてだそうです。

このストライキの間は道路が封鎖され、商業施設も閉店した状態で毎日抗議運動が行われていました。

理由は大統領選挙結果に対する国民の不満です。

この時、私はボリビアに来たばかりで

ただ毎日家に引きこもるしかありませんでした。

その当時は、なんでこんな目にあわなくちゃいけないんだ

と毎日ふてくされていましたが

今では貴重な体験ができたなと

いい思い出になっています。

ん?いい思い出??

この思想は危ない

何故なら人は自分の経験した過去を美化するからです。

過去の辛い出来事を

あれがあったから今があるなどと美化する人がよくいませんか?

これは自分の人生を肯定化するための一種の逃避行動です。

そりゃそうですよ

だって誰も自分の人生を否定されたくないんだから

しかし、このような考えが過去の過ちを反省せずに

繰り返してしまうという悪循環を引き起こしてしまいます。

もしあなたがあの時辛かったけど経験してよかったなと思ったら

いやいや、あんな経験はしなかった方がよかったに決まってると

考えるようにしてみて下さい。

がっしぎでした。

コメント